物欲に駆られて・・・、気になる物 がそこにある。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲に駆られて・・・、気になる物 がそこにある。

日ごろの社会生活の中で、堪らなく欲しくなってしまったものや、物欲に駆られてついつい買ってしまったものなどを紹介させて頂きます。

1本からでも頼める! 思い出のホームビデオをDVDへダビング! 安心のビクターダビングサービス!

皆さんのお宅にも、ホームビデオいわゆるムービーなどで撮影したテープがたくさんあるのではないでしょうか。
そう言ったビデオテープの大半が、すでにデッキなどの機器が故障してしまい再生するすべを失った遺産となってしまっています。

 

当然というのもおかしいですが、わが家にも子供たちの姿を残した想い出のビデオテープが再生されることなく山積みとなっていて、以前から早いうちにDVDなどにダビングしておかなければいけないと思いつつ、結局手付かずの放置状態です。

 

ようやく重い腰をあげてダビングするためのデッキを探しましたところ、この数年でそのようなデッキはほぼ皆無のとなっていることがわかり、放心状態…。

 

では、どうすれば良いのかと考えたところ、以前テレビの番組で古いビデオテープをDVDにダビングしてくれる業者さんがいるということを思い出しました。

で、いろいろ探してみたところ、評判の良い安心して大切なビデオテープを預けられそうな業者さんがありました。

その名も、<ビクターダビングサービス>
あの音響で有名なビクター(現在の株式会社JVCケンウッド)が100%出資している子会社です。
これは安心して任せられるというものですね。

 

わが家の場合は、殆どが子供たちのまだまだ小さな頃の映像ですが、このブログをご覧の方たちの中には、結婚式や旅行、はたまた文化祭の映像などなどいっぱいの想い出が詰まったテープがあるのではないでしょうか。


『ビクターダビングサービス』ってどんな事をしてくれるの?

昔のホームビデオなどのテープをDVDにダビングしてくれるありがたいサービスを提供している会社です。
そしてこんな悩みにも対応!

  • テープのカビが心配。
  • テープが切れてしまっている。
  • どれくらい録画しているテープかわからない。

なんてことも、大丈夫ということです。
ダビング前に、ビデオテープの状態や収録時間をチェックしたうえでDVDへダビング。
万一、テープに問題がある場合や、録画時間が120分を超えている場合は、作業前に連絡をくれるということです。

 

ダビングの申し込み・手続きもカンタン!

  1. ホームページからダビングしたいテープの本数を選び、名前・住所・電話番号・メールアドレスなどを入力し申し込みを行います。
  2. 申し込み後に送られてくるメールに記載の住所へビデオテープを送付します。
  3. ビクターダビングサービスでテープの状態確認を行いダビング作業を実施。
  4. ダビング完了後に、支払方法を「代金引換」あるいは「クレジットカード払い」を決めます。
  5. クレジットカード払いの際は、支払い手続きを行い商品発送となります。代金引換の場合は、DVDの受取時に支払いを行います。

納期は、テープ到着後、50本までなら約2週間程度、51本以上なら約4週間程度ということです。
ただ、現在非常に依頼が多くなっているようで、場合によっては納期が倍程度かかってしまうこともあるということです。

 

大事なことを忘れていました。
ダビングに対応しているテープですが、
VHSS-VHSVHS-CS-VHS-CMiniDV(DVC)8mmビデオHi8Digital8 となります。

最後に、気になる価格ですが、

  •  1~   5本までは、1本あたり 1,130円(税込)送料別(540円
  •  6~ 10本までは、1本あたり 1,030円(税込)送料無料
  • 11~ 15本までは、1本あたり   980円(税込)送料無料

             

  • 71~100本までは、1本あたり   770円(税込)送料無料

というように、本数が増えれば増えるほど1本あたりの価格が安くなる仕組みです。

代金引換のお支払いの場合、代引手数料 324円が別途必要

追加料金が発生するケースとしては、
●テープにカビが発生していた場合 :修理費用 1,150円/1本
●テープが切れていた場合     :修理費用 1,150円/1本
●映像が120分を超えていた場合   :追加DVD1枚につき+540円
とかなり明確にしていてくれるので安心して頼むことができますね。

これで、大切な思い出の映像を残すことができます。

ご興味のある方は、一度こちら<ビクターダビングサービス> をご覧ください。