物欲に駆られて・・・、気になる物 がそこにある。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲に駆られて・・・、気になる物 がそこにある。

日ごろの社会生活の中で、堪らなく欲しくなってしまったものや、物欲に駆られてついつい買ってしまったものなどを紹介させて頂きます。

堺打刃物「幻の包丁・英 (堺英)」がスゴイと評判! 伝統工芸士の技がそこにある!

日用品

今、巷で密かなブームなのが「本格 My 包丁」。
そんな自分も趣味の磯釣りで釣り上げた魚を美味しく上手に捌くために、本格的な出刃包丁と柳刃包丁(刺身包丁)を探しているところです。

 

ところで、包丁(刃物)と言えば、

福井の越前打刃物、高知の土佐打刃物、兵庫の播州三木打刃物、新潟の越後三条打刃物、岐阜の関刃物など、他にも刃物で有名な地域はいくつかありますが、その中でも絶大な人気を誇るのが『大阪の堺打刃物』。
いわゆる堺包丁です。

 

堺打刃物の特徴は、伝統的な分業制で制作することにより、技術の専門化で高度な品質の刃物を安定して作り続けることができるというところ。

徹底して品質に拘り続けた刃物の町、『堺』。

 

その『堺』の、ある伝統工芸士が作り出す「包丁」がスゴイと評判になっています。

堺打刃物の伝統工芸士の中で唯一、刀剣の研ぎもこなす刃物職人『山本英明氏』が作り出す包丁は料理界でも有名。

本焼き包丁、上物包丁しか手がけないと言うこだわりを持った気質は本職和食調理人から深い信頼を集め、通称「英さん」と呼ばれ、彼を知らない料理人はもぐりといわれるほど関西一円では有名な職人。

また、同じく伝統工芸士で息子さんの『山本真一郎氏』は新しい刃物作りに取り組み、芸術的な完成度も高く、数々の受賞暦をもつ職人。

 

堺打刃物の中でも、この二人が作り出すは包丁は「幻の包丁・英 (堺英)」としてプロ・アマ問わず全国で人気の包丁となっています。

 

評判の『英』の凄いところは、「英の包丁を使ったら他の包丁は使えない!」とプロの料理人が認める極上の切れ味とバランス。

その切れ味は、「鋭く、長切れ」し、またザクザクとテンポ良く刻んだり、ズバッと切り落としたるするときに「力」が殆どいらないという計算された全体のバランス。
そして何より長く使用することができる逸品と評判になっているようです。


また、包丁は自分使い以外にも、贈答にもよく使用される縁起物として知られています。
刃物は 「運を切り開く」「未来を切り開く」 などといわれ、古来より皇室の贈答品にも使われるくらい大変縁起の良い贈り物です。

現在よくギフトとして使用されるのは、

● 結婚される夫婦お2人へ
● 出産祝いに
● 母の日,父の日,お誕生日等の記念日に
● 厄年の厄除けに
● 七五三などに
● 仕事を退職される方へ
● 開店、開業祝いや 新築祝いに
など、いろいろなお祝いや節目に使用されています。

 

『英』の場合、包丁への「名入れ」も行ってくれるので世界でたった一つの包丁が手に入るという事です。

ギフト包装・熨斗にもきちんと対応してくれるようなので安心して贈り物としても利用することができそうですね。

 

幻の包丁・英 (堺英)」は、種類も豊富で、どれが良いのか迷ってしまうくらいですが、しっかりとわかりやすく説明がされているので安心して選ぶことができます。

例えば、出刃包丁の大きさはどれくらいがいいのかわからない時は、

ご家庭用でお使いの場合のお勧めサイズは女性で135~150ミリ、男性なら150~165ミリくらいです。
使い慣れた方や本職の方なら180~195ミリが一般的なサイズです。

などのアドバイスがありわかりやすく親切ですね。

 

包丁でお悩み・お困り・買い替えを検討している方がいらしたら、是非参考までにチェックしてみてください。